読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストを目指すヅカオタの修行の日々

ヅカオタがミニマリストになるべく奮闘する毎日をつづります

れいこの雄姿を見よ New Wave雪

f:id:hanarokusyo:20170212181208j:plain

久しぶりにムラ上陸。中日でなくムラに来たのは…バウでれいこ様を見るためよ!New Wave花以来のバウホールという。色々とだいもんごめん。

れいこの吸引力を再確認

ギターギュイーンの開演前のイントロ的なミュージックが、花と同じでこれは一貫したテーマソングであると理解した次第。花、月、宙とくり広げられてきたバウ・ショーケースとやらですが、見たことがあるのは花のみで、映像でも他の組は知りません。したがって、開幕前に大好きな音楽が使われていることを知ってちょっと安堵。だいもん、あきら氏、キキちゃんのスリートップ的な花版はそのみどころてんこ盛り具合とこの印象的なテーマソングで大・満・足でしたので、高まる期待…。

結論、れいこの吸引力で持っていたショーであった。

ひとこ様ごめん。

若手のショーで巧拙様々なのはさておき、絶対的なスター力がさ、雪ってそんなに乏しかったっけ?老婆心ながらなんだか心配になる。

花の印象ばかりで申し訳ないんだけど、アダルトなあきら氏と歌うまだいもんを食いがちな関西ノリのキキちゃんと、ゴリゴリくるゆずかれーくんと、結構花版はスターそのものが濃い印象だったのですよ。べーちゃんとゆきちゃんという旬真っ盛りな2人もいたし、台頭する若手筆頭のうららちゃんもいて娘役の配置も絶妙だったんですよね。演目もそれぞれのキャラと特性がバランスよく配置されていて、大満足だったのですが、雪版はそれぞれの印象があまりにも薄く…歌が絶妙にうまい方やダンスが絶対的に上手な方や客席釣るのがれいこより上手い方とか、そういう個性全開な方がどうやら目が節穴の私には見受けられなくて、つまりスター個人に対してはあまり印象が残らなかった。

れいこ様はみりお様みたいな美しい貴公子のようで、それでいて蘭寿さんのようなりりしさもあって、将来が超楽しみですが、どっちかというとそんなにキャラ濃い方ではないと思うのよね。

ひとこ様も美しい顔立ちから貴公子系のようで、娘役を侍らしている姿はもう帝王でも国王でも務まりそうな伊達男ですが、れいこ+その他大勢として埋もれてしまうのはなぜかな。

ただし、れいこ様とひとこは、濃くないいい意味で大人しい下級生が集ったことで、自らの立場を脅かされることがないという現実を直視しないといけないでしょう。通常であれば勢いのある下が必ずいて、その場の話題をかっさらってしまうことが多々ある。2人とも自身がそういうキャラでない以上、下にゴリゴリギュイーンと追い上げられることなく、のびのびできたのでは。

そしてもうひとつとても気になるのは、ダンス。巧拙はさておき、全然揃っていない。本公演も揃わないのが雪の定番と私は思っていますが、20人しかいないんだから合わせることできるのでは…誰が正しいのか、いまいちわからない。だからこそ、れいこもしくはひとこが娘役を侍らす姿が絶品なんです。見どころの男役祭りが今回はいまいち。

リベルタンゴのナンバーはひとこの真髄なり

そこでひとこのリベルタンゴは特筆すべき!楽曲の持つぐいぐい感にあえて合わせきらないカウントめいっぱいとった振りが、ひとこのやや草食的(イメージ)で優し気な印象にマッチしていた!椅子に座って足を組んだひとこが美形で怪しげで隙なしでひとこの真髄ここにありと言っていいでしょう。真っすぐな冷たい目線もイイネ!椅子と長いおみ足を惜しげもなく上げまくる美女との絡みもイイネ!やはりひとこは勢いのある男役の中にいると埋没する懸念がある。だからこそ、このナンバー「情熱的なタンゴ」とは言い切れない構成になっていると私は読んだ。ひとこは情熱的ではない。れいこもしかり。ひとこを取り巻く美女の方がよっぽど目線が強くで力強さがあった。

娘役の方がショーでも己の見せ方を熟知している気がする。

余談ながら、るなっちは女装するとキャラが変わる。リベルタンゴは「Streak of Light」でヤンさん振りの情熱的なダンスをみーちゃんと見せてくれたのが印象的。蘭寿さんも格好いいけど、この2人もよかったなぁ。よっち先生・・・日本青年館・・・なつかしさでいっぱい。New Waveでもるなっち女装してたな。この頃ってバウ以外はディナーショーだったから(他に何かあったっけ)、結構上級生が出演してたと今思う。

 そして「OnBroadway」のナンバーはどうしても「“R”ising!!」が出てきてしまったことを申し伝えておきましょう。まさこさんと珠洲春希さんです。珠洲さんも女装女装するとキャラ変するんだよなぁ。とにかくダンスが素敵で。

色々思いつつ、懐かしのテーマソングのイントロに震え、ティンバレスのあのお決まりのくだりに苦笑い?するというNew Waveの基本スタイルに舌鼓を打ち、かなりグダグダだった花版のトークに比べて逆にあっさりした東京圏出身者のトークを感慨深く楽しみ、ムラまで遠征しただけの満足感は得られました。

言わずもがな、れいこ様の美しさと堂々としたたたずまい、端正なお顔立ちと鼻筋を拝めただけでも価値は高い。女の子の名前を付けることがあったら、きっとれいこかあやことつけることでしょう。

エンディングも黒革ジャン?の衣装も好きです。振りも好き。

こうしてシリーズ踏襲したものが色々ある中、この組でこのメンツでNewWaveに出演する巡り合わせを考えちゃいますね。

 

f:id:hanarokusyo:20170212181241j:plain

今回はこっちじゃないの