読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストを目指すヅカオタの修行の日々

ヅカオタがミニマリストになるべく奮闘する毎日をつづります

まさおさんのサヨナラ公演について

宝塚

月組の信長の感想も書いておきます。あんまり響かなかったので、そんなに長くありません。まず、まさお節前回で、本当に最後までこの独特の言い回しをやり遂げたんだなぁとある意味感慨深く思いました。まさおさん、歌はそんなに悪くないと思うのです。ドラゲナイトはおもしろかったし。ただ、あの発声というか話し方、私は馴染めないまま今に至ります。

 まさお節は「まさお歌舞伎」というか、まさおさんなりの形式美、だと思わせてしまうところが計算されているようで、ショースターであることは間違いないのかもしれない。でもちゃぴと全然向き合わない芝居で、トップコンビというよりトップのまさおと男役2番手ちゃぴ、という並びが最後まで際立っていたようにも思います。ちゃぴが生き生きしてカッコイイから、特にそう感じてしまいます。

そして、芝居の展開がどうしてもまさおさんのひとりよがりさを目立たせてしまったように見えてなりませんでした。まさおさんの信長としての気持ちの揺れ動きが、あまり見えてこないんですよね。ずっと一本調子、無感情でもなくちょっと浅い感じで。サヨナラ公演は、もっと組子とわちゃわちゃしてほしいものです。せめてトップコンビ同士は気持ちが通い合うようにして欲しかったな。まさおさんとそれ以外、というバラバラ感は残念でした。

そしてショー「Forever Love!!」ですが、デュエットダンスはなぜないのでしょう?宝塚は形式美・様式美の固まりだというのに、定番かつコンビの絆を確かめるデュエットダンスがないなんて、本当にこのコンビは仮面夫婦だったとの思いを決定的にしてしまいました。芝居もなんだかまさおさんの一方通行感が強かったので、ここだけは、嘘でもコンビとしてのあり方を見たかったなぁ。

そして、ロケットのセンターを張ったまいまいさんは、一人だけ異なる衣装ではなかったでしょうか。記憶があいまいなのですが、まさおさんと絡んだりかなり特別扱いをされており、退団するといえどもロケットの形式美、統一感を重視する私には、イマイチかなーと思ったり。最近のロケットでは宙組がセンター一人だけパンツの衣装で、私は酷評していました。

hanarokusyo.hatenablog.com

この時、エトワールについても何か述べてる。月組では、エトワールがコマさんと退団者2名の3人。ロケットで別待遇されるならエトワールやらせてあげなよ、と思うのでこれはいいのですが、複数人はちょっと微妙に思う。そして専科の方のエトワールが続くのもどうかと思いますけどね。

とはいえ、95期に盲目な私はどうしてもアーサにオペラをロックオンしたり、たまきちのたくましい安定感に安心したり、ちゃぴの力強いダンスに惚れ惚れしたり、通常運転で楽しんではいました。

ショーの展開はそんなにツボではなく、あっさりと終わってしまった感じでしたが、大介先生はやや失速感が否めないのですが、ドラゲナイトが結構ツボっていただけに、ああいう感じをショーでもやってもらえたらな、と期待しています。