読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストを目指すヅカオタの修行の日々

ヅカオタがミニマリストになるべく奮闘する毎日をつづります

マンション買いました

住宅事情

とうとう、念願のマンションを購入しました。この春入居します。物件決定後も住宅ローンや火災保険、保証関係、内覧会と調べることが無限大で、ほとほと疲れました。法律と一緒で知らないでは済まされないことばかり。このあたりはいずれまとめたいとは思いますが、今日は新居で目指すミニマリスト的生活の展望を書きとめておこうと思います。

 最近はやりの狭小2LDK

私の最も重視した点は立地です。都心で駅近なんてよくあるフレーズですが、例えば山手線の内側の「駅」というだけでも駅数はかなりの総数になりますよね。

夫婦で統一の見解に至った某駅があるのですが、都心なだけあってマンション用地はほぼ皆無。駅から遠くなるかヴィンテージの香り漂う築古マンションか。エリアをもう少し広げ、地盤や暗渠の配置を踏まえ私の独断と偏見でとある沿線を絞り込みました。

というのは結果論であります。

駅からつぶしていったところでそこが物件の取引が活発かはわかりません。

余談ながら、初の物件購入なので新築に限定しました。

そして駅からの距離を重視したためここで戸建ては圏外に。

そして素敵な物件がひらりと目の前に現れました。そう、結構奇跡的に。

あまり詳細を書くと物件が絞り込まれてしまうので割愛しますが、駅から徒歩5分に満たない立地で、かつ大規模な駅に近い。そして新築。いうことなし。

ではありませんでした。この物件、最近はやりの狭小2LDKなのです。

不動産は物価とか金利とか色々ありますが、最後は運命というか、そこで楽しく暮らす姿をイメージできるかが決定打になるような気がします。

それまで数10件にわたる物件を新築マンからガチのヴィンテージマンション、新築戸建て、築古長屋までみてきた私のセンサーが大反応しました。

そして契約までは早かったです。

間取りは悪くないです。希望の間取りはいずれ叶えるとして、今は立地がメイン。

 

狭いからこそ叶うミニマルな生活

私は元からテレビ不要・ベッド不要・ソファ不要論者なので(誰それ)あまり家具とかに興味ありません。でもそれは今夫婦が寄生している私の実家が戸建てでほとんど畳とカーペットだからなんですよね。

マンションはオールフローリング。フローリングなんて我が家には廊下しかないのでドキドキです。

さすがにラグなどは必要かと思いますが、今は割と優秀な収納に何をどう入れようか頭を巡らしています。

はっきりいうとベッド購入を回避するためクローゼットに布団をどう収めるか思案中。

身の丈に合った生活をしたいのと、本当に必要で長く使いたいものをチョイスしたい気持ちはあるので、生活しながら買いそろえていくことになりそうです。

何しろ家具やレイアウトに全くセンスも関心もないので、ゼロか100かになりそうで怖い。

ここ1年は坪単価がかなり上がり、これだけの物を収めるのに、坪当たり300万とか400万を出すのか?そんなことばかり考えていました。

狭くても、工夫してすっきり暮らしたい。でも戦闘服は必要。

 

hanarokusyo.hatenablog.com

奮闘します。